ドック健診

ドック健診とは?

人間ドックのワンちゃん・ネコちゃん版です。
血液検査や画像診断などを組み合わせて、病気が隠れてないかを探していきます。
元気で健康に見えても、体の中では小さな変化が起こっているかもしれません。
元気なうちに健康診断を受けることで病気の早期発見・早期治療、あるいは病気の発症予防、重症予防につながります。
全国で健康診断を受診したワンちゃんの62%、ネコちゃんの71%に異常値が認められています。ぜひ、この機会に動物ドックを受けてみませんか?

※動物ドックは半日お預かりの検査です。
午前中(9:30-11:00)に来ていただき、お返しは17:00以降になります。検査日の当日の朝は絶食させてお越しください。
1.問診
飼い主様から日頃の様子を教えていただきます。
過去の病歴や、現在気になっていることなどを教えていただきます。
食べているご飯の種類や量を事前にひかえていただけるとありがたいです。
2.一般身体検査
一般身体検査体重測定、体温測定
聴診(心音、肺音)
骨格、皮膚の状態、眼、耳、口腔内、体表リンパ
などをチェックし、体の外からわかる異常がないか確認します。
3.血液検査
血液検査血球・貧血や肝臓・腎臓といった重要な臓器の状態を数値化して知ることができます。
4.尿検査
尿結石がないかや腎臓の機能の評価、膀胱炎の有無などを知ることができます。
5.レントゲン検査
レントゲン検査骨の異常のほか、心臓の大きさや肺の状態、腹部や胸部の病巣を映し出します。
6.腹部超音波検査
腹部超音波検査レントゲン検査ではわかりにくい腹部臓器の状態を把握することができます。
7.結果報告
健康診断報告書をお渡しいたします。
当日結果が出ない検査項目もありますので、その場合は結果が出次第ご連絡させていただきます。

診療方針や設備について

当院は、祖父の代から浅草で80年以上続く動物病院の3代目院長が引退し、新たにスタートさせた動物病院です。

培ってきた経験・磨かれた技術・最先端の知識で診療させて頂きます。常に最新の情報をもとに治療ができるよう、設備はもちろん、数多くの学会に出席し、研究と課題の確認をおこたりません。自らも研究課題をもち、活発な症例報告や研究発表を行い、獣医療発展と動物たちの幸せのため、日々努力しております。